パンクの女王、パティ・スミスの【名盤アルバムと名曲】をご紹介。

MUSIC

「パティ・スミスのアルバムってたくさんあるけど、オススメはどのアルバムだろう?」

今回の記事では、このような質問に答えるべく、パティ・スミスが70年代に発表した4枚の名盤アルバムをご紹介していきます。

 

結論から書いてしまいますと。

  • ロックの名盤中の名盤、ロックと詩が融合した『Horses(ホーセス)』
  • ハードロックなサウンドの『Radio Ethiopia』
  • ポップで聴きやすい曲が多い『Easter』
  • もっとも商業的に成功したアルバム『Wave』

今回僕がオススメしたパティのアルバムはこの4枚です。

 

mae-nishi

 

それではさっそく参ります。

ロックの名盤中の名盤、ロックと詩が融合した『Horses(ホーセス)』

Horses(ホーセス)
1975



1. Gloria (グローリア)
2. Redondo Beach (レドンド・ビーチ)
3. Birdland (バードランド)
4. Free Money (フリー・マネー)
5. Kimberly (キンバリー)
6. Break It up (ブレイク・イット・アップ)
7. Land: Horses/ Land Of A Thousand Dances/ LaMer (De) (ランド)
8. Elegie (エレジー)

Patti Smith – Vocals , Guitar
Lenny Kaye – Guitar
Tom Verlaine – Guitar  on〈6〉
Ivan Kral – Guitar , Base
Richard Sohl – Piano
Jay Dee Daugherty – Drams
Producer – John Cale

『Horses』を一言で表すならば、「詩とロックンロールの融合を実現したアルバム」でしょう。

全曲ハズレなしの名盤中の名盤『Horses』

 

『Horses』に収録された名曲

僕が『Horses』でオススメする曲は

  • ポップでレゲエ調の曲だけど、実は・・・な〈Redondo Beach 〉
  • トム・ヴァーラインが作曲・参加した〈Break It up〉
  • まさに “詩とロックンロールの融合”した曲〈Land〉

です。

 

 【Horses】のパティを知るためのキーワード

  • “詩とロックンロール” の融合を実現したアルバム
  • プロデューサーは、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドのジョン・ケイル
  • 盟友メイプルソープが撮影した、ジャケットカバー写真
  • オススメは〈Redondo Beach 〉〈Break It up〉〈Land〉の3曲

 

『Horses』について「もっと詳しく知りたい!」という方は・・・

 

mae-nishi

こちらの記事も読んでみてください

 

ハードロックなサウンドの『Radio Ethiopia』

Radio Ethiopia(ラジオ・エチオピア)
1976


  1. Ask the Angels (アスク・ジ・エンジェルス)
  2. Ain’t It Strange (エイント・イット・ストレンジ)
  3. Poppies (ポピーズ)
  4. Pissing In A River (ピシング・イン・ア・リバー)
  5. Pumping (パンピング)
  6. Distant Fingers (ディスタンス・フィンガース)
  7. Radio Ethiopia (ラジオ・エチオピア)
  8. Abyssinia (アビシニア)

 

Patti Smith – Vocals , Guitar
Lenny Kaye – Guitar , Base , Vocals
Ivan Kral – Guitar , Base
Richard Sohl – Keyboard
Jay Dee Daugherty – Drams , Percussion
Producer – Jack Douglas

『Radio Ethiopia』はパティのアルバムの中では、最もハードなロックンロール・サウンドのアルバム。

 

『Radio Ethiopia』の名曲

『Radio Ethiopia』の名曲は、

  1. アルバム1曲目の〈Ask the Angels〉
  2. 1曲目で上げたテンションで聴いてほしい、2曲目の〈Ain’t It Strange〉
  3. メドレー形式の〈Radio Ethiopia/Abyssinia〉

です。

 

『Radio Ethiopia』を知るためのキーワード

  • ジャック・ダグラスを起用した最もロック色の強いアルバム
  • パティの ‘‘塩辛い声” が堪能できる超絶オススメ曲の〈Ain’t It Strange〉
  • グランジサウンドの原型と言われている〈Radio Ethiopia/Abyssinia〉
  • 療養中に書き上げた詩集『Babel』

 

『Radio Ethiopia』について「もっと詳しく知りたい!」という方は・・・

 

mae-nishi

こちらの記事も読んでみてください

 

 

ポップで聴きやすい曲が多い『Easter』

Easter(イースター)
1978


  1.  Till Victory (ティル・ヴィクトリー)
  2.  Space Monkey (スペース・モンキー)
  3.  Because The Night (ビコーズ・ザ・ナイト)
  4.  Ghost Dance (ゴースト・ダンス)
  5.  Babelogue / Rock ‘n’ Roll Nigger (ベイブローグ~ロックン・ロール・ニガー)
  6.  Privilege (Set Me Free) (プリヴィレッジ)
  7.  We Three (ウィ・スリー)
  8.  25th Floor / High On Rebellion (25階~ハイ・オン・レべリオン)
  9.  Easter (イースター)

Patti Smith – Vocals , Guitar
Lenny Kaye – Guitar , Base , Vocals
Ivan Kral – Guitar , Base , Vocals
Bruce Brody – Keyboard
Jay Dee Daugherty – Drams , Percussion
Producer – Jimmy Lovine

1978年4月に発表された『Easter』。プロデューサーはブルース・スプリングスティーンのアルバムを手掛けていた、ジミー・アイオヴォンです。

『Easter』はパティのアルバムの中では、ポップな楽曲が多いアルバム。

 

『Easter』に収録された名曲

僕が『Easter』でオススメする曲は

  1. ブルース・スプリングスティーン作曲の〈Because The Night 〉
  2. 裏の表題曲の〈Babelogue / Rock ‘n’ Roll Nigger〉
  3. 表題曲の〈Easter〉

です。

 


Patti Smith Group – 〈Because the Night〉 (Official Audio)
 

『Easter』を知るためのキーワード

  • パティのアルバムの中では、ポップで聴きやすい曲が多いアルバム
  • ブルース・スプリングスティーン作曲のヒット曲〈Because The Night〉
  • 裏の表題曲〈Babelogue / Rock ‘n’ Roll Nigger〉と、表の表題曲〈Easter 〉

 

『Easter』について「もっと詳しく知りたい!」という方は・・・

 

 

mae-nishi

こちらの記事も読んでみてください

 

最も商業的に成功したアルバム『Wave』

Wave(ウェイブ)
1979


  1. Frederick (フレデリック)
  2. Dancing Barefoot (ダンシング・ベアフッド)
  3. So You Want To Be (A Rock ‘N’ Roll Star) (ロックン・ロール・スター)
  4. Hymn (ヒム)
  5. Revenge (リベンジ)
  6. Citizen Ship (シチズン・シップ)
  7. Seven Ways Of Going (セブン・ウェイズ・オブ・ゴーイング)
  8. Broken Flag (ブロークン・フラッグ)
  9. Wave (ウェイブ)

Patti Smith – Vocals , Guitar
Lenny Kaye – Guitar
Ivan Kral – Base
Todd Rundgren – Base on〈2〉
Richard Sohl – Keyboard
Jay Dee Daugherty – Drams
Andi Ostrowe – Timpani on〈7〉
Producer – Jimmy Lovine

パティの4枚目のアルバム『Wave』は、彼女のアルバムの中ではもっとも商業的に成功した1枚。

 

『Wave』に収録された名曲

僕が『Wave』でオススメする曲は

  • 〈Frederick 〉
  • 〈Dancing Barefoot〉
  • 〈Revenge〉

です。

 

『Wave』を知るためのキーワード

  • 『Wave』はパティのアルバムの中で、最も商業的に成功した1枚
  • プロデューサーはトッド・ラングレン
  • カバー写真は、『Horses』以来の盟友メイプルソープ
  • フレッド・ソニック・スミスを歌った〈Frederick〉

 

『Wave』について「もっと詳しく知りたい!」という方は・・・

 

 

mae-nishi

こちらの記事も読んでみてください

 

 

まとめ、オススメの曲を1曲だけご紹介

  • ロックの名盤中の名盤、ロックと詩が融合した『Horses(ホーセス)』
  • ハードロックなサウンドの『Radio Ethiopia』
  • ポップで聴きやすい曲が多い『Easter』
  • もっとも商業的に成功したアルバム『Wave』

今回僕がオススメしたパティのアルバムはこの4枚です。

さいごに1曲だけ、僕の大好きなパティの曲をご紹介します。

それは「Piss Factory」です。

 

 
Patti Smith <Piss Factory>
この曲はインディーズレコードとして、パティたちがデビュー前に出したシングル。いわばパティの処女作ですね。

聴くたびにマジでシビれます。最高。

 

参考文献

さいごに今回の記事を書くために参考にした文献はコチラです。

  • 「パティ・スミス 愛と創造の旅路」 ニック・ジョンストン 著 鳥井賀句 訳筑摩書房 2000年 8月
  • 「Babel (バベル) 」 パティ・スミス 著 山形浩生・中上哲夫・梅沢葉子 訳思潮社 1994年 1月
  • 「レコード・コレクターズ‐特集パティ・スミス」1996年 8月号

「パティについて、もっと知りたい!」という方は読んでみて下さい。

以上、今回はパティ・スミスが70年代に発表した4枚の名盤アルバムをご紹介しました。

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました