チェコの鬼才シュルレアリスト。ヤン・シュバンクマイエルのオススメ映像作品【BEST-3】

チェコの鬼才シュルレアリスト、ヤン・シュバンクマイエル。

今日は彼のオススメ映像作品を3つ、ご紹介したいと思います。

 

僕がヤンシュバンクマイエルの映像作品で観てほしいBEST3は、

  • アリス
  • オテサーネク
  • ANOTER KIND OF LOVE

の3つです。

 

mae-nishi

それでは早速参ります。

 

アリス

一つ目のオススメ映像作品は、彼の代表作と言っても過言ではない、『ALICE』です。画面のスミに映っている小物一つ一つすべてがかわいい。

ビンとか。剥製とか。

 

90分間、画面から目が離せない映像作品です。

 

ちなみにファッションブランドUNDERCOVERは、『ALICE』をテーマにした服を作ったことがあります。

 

 

オテサーネク

つづいては「オテサーネク」です。

この作品は実際にある民話をベースにしています。

少女が木を育てる話です。

その木がどんどと大きくなっていって・・・。

 

ANOTER KIND OF LOVE

さいごは短編作品の「ANOTER KIND OF LOVE」。

今回ご紹介した作品のなかでも、この作品はだけ長編ではなく短編のPVです。

 

 

 

先にあげた二つの作品は、ガーリーでメルヘンチックな要素が強い作品。

でも「ANOTER KIND OF LOVE」は、大人のためのシュバンクマイエル作品という感じです。

 

音楽も良い!

 

まとめ

ヤン・シュバンクマイエルの映像作品には他にもおすすめはあります。

たとえば、

  • Faust
  • 悦楽共犯者
  • ルナシー

などなど。

 

しかし今回は映像として「おもしろい、見やすい」と思った映像作品をご紹介しました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました