おすすめの日本映画5選「絶対見てほしい!」

僕は学生時代はヒマがあれば映画ばかりを観ていました。

ということで当記事では、僕のおすすめの日本映画をご紹介します。

 

結論:おすすめの日本映画はつぎの5本です

  • 空気人形
  • ピンポン
  • 七人の侍
  • 花とアリス
  • 雨月物語

 

それでは一本ずつご紹介していきます。

 

『空気人形』

1本目にご紹介しますのは、是枝裕和監督作品の『空気人形』です。

是枝監督の作品ですと、有名なのはつぎの作品たち

  • 『そして父になる』
  • 『誰も知らない』
  • 『万引き家族』

どれも有名な作品ばかりです。

 

しかし僕はどの作品よりも、『空気人形』を推します。

 

その理由は、ぺドゥナがかわいいから。

すみません。半分冗談で半分本気です。

この作品でペドゥナが演じるのは、ダッチワイフです。

そんなダッチワイフといういやらしさを感じるモチーフを、透明感のあるペドゥナが演じることで、中和しているんです。

 

また『空気人形』には、ARATAさんも出演しています。

ARATAさんが演じるは、どこか影のある雰囲気のビデオショップの店員。

ARATAさんが、物静かな青年を演じている作品にハズレはありません。

 

ラストのシーンでペ・ドゥナがリンゴに囲まれているところは本当にキレイなんです。

そのシーンだけを観るためにDVDを買っても、お釣りが出る感じです。

 

『ピンポン』

こちらもARATAさん出演作品です。主演は窪塚洋介さん。

説明不要な作品ですが、大好きな映画なので書かせてください 笑

 

『ピンポン』には、さまざまなキャラクターが登場します。

 

ペコとスマイル。アクマにチャイナ。そしてドラゴン。

友達やライバルや幼なじみ。

 

『ピンポン』は本当に不思議な映画です。

なぜかというと、観るタイミングによって感情移入するキャラクターが変わってくるから。

 

僕自身、さいしょに観た時はペコに。

そのつぎはスマイル。

そしてドラゴン。

今ではアクマ。

年をとるごとに「この気持ちわかるわ〜」と、共感するキャラクターが変わっています。

 

また『ピンポン』にはマンガもありますが、こちらもおもしろい。

 

そして極め付けはスーパーカーの楽曲の数々。

映画の雰囲気に合うわ、合うわ。

 

僕にとって『ピンポン』は、やる気を出す時に観る映画です。

 

 

『七人の侍』

3本目にご紹介したいのは、黒澤明監督作品『七人の侍』です。

黒澤明監督の代表作といえば、この『七人の侍』を上げる方が多いのではないでしょうか。

まさに日本映画の鉄板中の鉄板です。

『七人の侍』を、さいしょに観た時は、正直そんなに期待していなかったんです。

いかに名作であろうとも、こんなにも時代が経っていたら、古臭く感じてしまうと思ったから。

しかも『七人の侍』はかなりの長編映画。

絶対に寝てしまう・・・。と思って観始めました。

 

しかしその心配は杞憂に終わりました。

おもしろい。めちゃくちゃおもしろい。エンタメ作品として、本当におもしろいんです。

『七人の侍』に関しては、それ以外の感想が必要ありません。

まだ観てない方は、ぜひ観てみてください。

というか、『七人の侍』を初めてみれるのが羨ましい・・・。

 

『七人の侍』以外の黒澤監督の代表作といえば、つぎの2本があります。

  • 『羅生門』
  • 『天国と地獄』  

『七人の侍』が面白かった方には、上記の2つもおもしろいです。

 

『花とアリス』

4本目は岩井俊二監督作品『花とアリス』。

この映画が公開されたのは、僕が小学生の時。

当時はキットカットとタイアップされたCMのイメージしかありませんでした。

しかし専門学校時代に何気無しに観てみると、衝撃でした。

 

高校時代の甘酸っぱさが淡々と描かれています。

特に後半で蒼井優がバレエを踊るシーンは美しい! 

 

 

『雨月物語』

つづいては日本映画界の巨匠、溝口健二さんの監督作品『雨月物語』。

この映画は美しくも、うすら怖い。

そんな作品です。  

 

まとめ

  • 空気人形
  • ピンポン
  • 七人の侍
  • 花とアリス
  • 雨月物語

 

今回の記事では、僕がおすすめする日本映画5本をご紹介しました。

サブスクリプションサービス等でも観れるかと思います。

ぜひお時間ございましたら、観てみてください。

どの映画も、絶対的におすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました