『超ノート術』を読んで知った【1軍ノート】を作ってみた!

NOTE

今回の記事では、先日読んだ『超ノート術』で知った、「1軍ノート」を作りたいと思います。  

 

 

「1軍ノート」を作った時に守った方が良いルールは2つありまして。

  • 使う時にテンションが上がるように高級なノートにする
  • 決まったフォーマットの繰り返しにする

 

使う時にテンションが上がるように高級なノートにする

1軍ノートにするのは「モレスキン」のノート

1軍ノートにするのは、こちらのノート。

ノートの王様「モレスキン」のノートです。

 

 

 

1軍ノートは普段持ち歩くノートと違って、長期間に渡って使うモノなんです。

だから、いつも使っているノートよりも高級なノートの方がいい。

だから今回、モレスキンのノートを「1軍ノート」にするために買っちゃいました。

 

決まったフォーマットの繰り返しにする

決まったフォーマットの繰り返しになるように、ノートに線を引いていきます。

 

まずは下書き

上から2センチのところに印をつけて。

 

線を引きます。

 

真ん中にも線を引いて。

 

またまた線を引いて、6つのスペースに分けました。

佐藤ねじさんはは1軍ノートを8つのマスに分けていましたが、僕はあえて6つのマスにしました。

 

 

ボールペンで清書する

ボールペンで清書していきます。

 

1ページ目の清書が完了

1ページ目の清書が完了しました。

 

他のページも同様にマスを書いていく

他のページも同じようにボールペンで線を引いていきます。

 

まとめ

先ほど作った「1軍ノート」に早速、アイデアを書いてみました。

僕はこのノートに、今後作ってみたい小物を書いていくことにしました。

上の写真がその第一号「毛糸玉ポーチ」です。

いつか作ってみます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました