「メモの魔力」式ノート術をノート1冊分実践してみる!

NOTE

先日の記事で「メモの魔力」の内容について書きました。

 

 

ということで今回は、「メモの魔力」式のノート術を試してみたいと思います。

 

メモの魔力式ノート術を、ノート1冊分実践してみる!

本当は前田さんがふだんから使っている「モレスキン」のノートを使ってみたかったのですが、

 

mae-nishi

「モレスキン」は1冊3,000円もするので買えないっス!

 

 

「大人キャンパスノート」の方眼タイプ

なので今回使ったのは「大人キャンパスノート」

 

このノートで『メモの魔力』式ノート術を実践していきます。

 

 

選んだのは「方眼タイプ」です。

 

ノートに線を引く

ノートに定規とボールペンで線を引いていきます。

 

まずは右側の1/4くらいのところに線を引きます。

 

 

フリーハンドでもいいと書いてありましたが、僕は定規でしっかりまっすぐな線を引きました。

1/4は大人キャンバスノートだと、方眼7個分でした。

 

 

次は右側に1/2で線を引きます。

右が「抽象化」左が「転用」を書くスペースです。

 

これで完成です。

 

mae-nishi

さて今日からこのノートを使ってみます。

 

使い終わったノート

使い終わったノートがこちらです。2020年3月20日から4月30日まで使っておりましたので、使用期間は約1か月間ほど。

 

使い終わった感想はというと・・・

 

実際の中身

最初の頃は頑張って、「抽象化」と「転用」の部分も埋めていたのですが・・・。

 

途中から「抽象化」と「転用」の部分になにも書かないというのが多くなり。

さいごは「抽象化」と「転用」の部分は真っ白になりました。

「ああ~もったいないな~」と、思いながらも、「あとで埋めればいいか」と思って見て見ぬふりをする日々。

いかに自分が毎日、思考をせずに、アウトプットをせずに、生きていたかがわかりました。

 

まとめ

前田さん式のノート術を使ってみて感じたのは、このノート術は企画職などの「アイディアを常に求められる人」に合うのかと。

正直今の僕ではまだまだ使いこなせなかったです・・・。

 

mae-nishi

いつかもう1冊、試してみてリベンジしてみます。

 

 

コメント

  1. […] 「メモの魔力」式ノート術をノート1冊分実践してみる!先日メモの魔力の… BOOK NOTE STATIONERY ノート術 シェアする Twitter Facebook はてブ Pocket LINE コピー maenishiをフォローする maenishi まえにしのアナクロノート […]

タイトルとURLをコピーしました