アメリカ発祥のノート術「バレットジャーナル」とは?【やり方説明】

BOOK

アメリカ発祥のノート術「バレットジャーナル」。

「バレットジャーナル」は、ノート術というよりは、ノートを使ったタスク管理術と言った方が正しいのかもしれません。

 

今回の記事では・・・

「バレットジャーナルって、どうやって始めればいいんだろう❓」

「どんなノートを買えばいいんだろう❓」

こういった疑問に答えます。

 

本記事の内容

  • 1.バレットジャーナルとは?
  • 2.バレットジャーナルを試して欲しい方
  • 3.バレットジャーナルの始め方
  • 4.バレットジャーナルの内容
  • 5.バレットジャーナルのメリット&デメリット
  • 6.バレットジャーナルにオススメなノート

 

mae-nishi

それでは参ります。

 

そもそもその「バレットジャーナルとはなんなのか?

「やり方」をご説明する前に、バレットジャーナルそのものについてご紹介します。

 

1.バレットジャーナルとは?

バレットジャーナルは、アメリカのデジタルプロダクト・デザイナーのライダー・キャロル氏が発案したノート術です。

 

こちらの動画は著者本人が「バレットジャーナル」について解説した動画です。

 

ライダー・キャロル氏

子供の頃に注意欠陥障害(ADD)と診断され、集中しないといけない時に集中できないことに悩む。

そんな中でノートを使って、自身のタスク管理を試行錯誤をしていく。

スケジュール帳、日記、備忘録、ToDoリスト、スケッチブックの機能を、1冊のノートにまとめた「バレットナーナル」を考案する。

ライダー・キャロルしは自身のタスク増大に対する対抗策として、「バレットジャーナル」を考案しました。

 

2.バレットジャーナルを試して欲しい方

結論から書きますと、次のような方です。

  • 日々の生活でたくさんのタスクに追われている方
  • 目標に対して努力をしているけど、いまいち成果につながらない方

 

日々の生活でたくさんのタスクに追われている方

バレットジャーナルを試して欲しいのは、「日々の生活でたくさんのタスクに追われている方」です。

バレットジャーナルを使うと、効率的にタスクを処理できるようになるんです。

これが「日々の生活でたくさんのタスクに追われている方」にバレットジャーナルをおすすめする理由です。

 

目標に対して努力をしているけど、いまいち成果につながらない方

バレットジャーナルを試して欲しいのは、「目標に対して努力をしているけど、いまいち成果につながらない方」です

バレットジャーナルを使うと、自分を客観的に見つめることができるようになります。

自分を客観的に見つめることにより、なぜ結果が出ないのかがわかります。

これが「目標に対して努力をしているけど、いまいち成果につながらない方」にバレットジャーナルをおすすめする理由です。

 

ということで、本題のバレットジャーナルの「やり方」について、ご説明していきます。

 

3.バレットジャーナルの始め方

バレットジャーナルを始めるとき必要なのは、次の3つです。

  1. 1冊のノート
  2. ペン

この3つが準備できれば、それでOK。

 

次は紙とペンを使って作るものがあります。

 

mae-nishi

それは自分の「思考の目録」です

 

思考の目録

「思考の目録」なんて書くと、「すごく難しそう!」と感じるかもしれません。

だけどそんなことは全くありません。

 

作り方はテキトーな紙に、ヨコに1本、タテに2本の線をひきます。

そして上の方に「思考の目録」と書いたら、フォーマットは完成です。

上のイラストのようなイメージです。

 

これができたら次は、今の「自分の頭を可視化させるため」に次の内容を書いていきます。

  1. 最初の列には、いま、実際に取り組んでいることを全て書きだす。
  2. 真ん中の列には、取り組むべきことを全て書きだす。
  3. 最後の列には、取り組みたいことを全て書きだす。

引用:ライダー・キャロル著『バレットジャーナル』 ダイヤモンド社 2019年 66Pより

書き出したことに、次の2つの質問を投げかけます。

  1. これは重要なのか?
  2. これは本当に必要なのかな?

 

この2つの質問に対して、「これは自分の人生のためにやりたい!」と、残ったモノたちをノートに書き込んでいくんです。

 

mae-nishi

次のページでは、ノートに書く内容についてご説明します

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました