アイデアが出なくて悩んでいる時にオススメの本【BEST-4】

今日は、「アイデアを出さないといけないけど、出なくて困ってます!!」と言う方に向けて記事を書きました。

そんな方に読んで欲しいオススメの本を4冊ご紹介します。  

結論から述べますと、僕がおすすめするのは次の4冊です。

  • アイデアの作り方
  • 情報は1冊のノートにまとめなさい
  • 思考の整理学
  • 考具

 

mae-nishi
それでは早速参ります。

『アイデアの作り方』

  まず1冊目におすすめするのは「アイディアの作り方」です。

 

この本のキャッチコピーは、「60分で読めるけれど一生あなたを離さない本」

僕は『アイデアの作り方』を学生時代に読みました。

この本のページ数は約100Pなので、本当に1時間ほどで読めます。  

 

 

mae-nishi

本当にすぐ読めちゃいます

 

『情報は1冊のノートにまとめなさい』

  2冊目にご紹介するのは「情報は一冊のノートにまとめなさい」です。

この本はアイディアの作り方の本というよりも、ノート術の本です。

 

だけど僕はアイディアを出すには、「普段の生活の中でのアイデアの種をどれくらいストックしておくか」が大事だと思っています。

机に座って急にアイディアを出そうと思っても難しいんです。 

 

僕もこの本で紹介されているノート術を、2年以上実践しています。

 

『思考の整理学』

つづいてご紹介しますのは「思考の整理学」です。

この本はブックオフで100円で売っているので、気になった方はぜひ探してみて下さい。  

 

『考具』

さいごにご紹介しますのは、『考具』です。

この本では「カラーバス」や「マンダラート」などなど。

アイデアを生み出す時に使える実践的な手法が紹介されています。

 

 

まとめ

今日はアイディアが出ない時に読んで欲しい4冊の本をご紹介しました。

  • アイデアの作り方
  • 情報は1冊のノートにまとめなさい
  • 思考の整理学
  • 考具

どれもページ数もそこまで多くなくて、サクッと読みやすい本ばかりです。

アイデアが出なくて悩んでいる方は、ぜひ読んでみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました