『情報は1冊のノートにまとめなさい』を2年以上実践しての【メリット&デメリット】

BOOK

僕はいつもかならず1冊のノートを持ち歩いておりまして。

そのノートには、人生のすべてを書き込んでいます。

  • 日常での気づき
  • 読んだ本の内容
  • 覚えておきたいこと

などなど。

 

僕がなぜいつもノートを持ち歩いているかというと、『情報は一冊のノートにまとめなさい』のノート術を実践してみようと思ったから。 

 

この本に書かれているのは、ものすごくシンプルなノート術です。

 

それは・・・

mae-nishi

1冊のノートに、全ての情報を書き込んでいく。

ただそれだけ。

 

すごくシンプルなノート術なんです。

あらゆる「書いたもの」「もらったもの」を一括して管理できる「ノート」を作って、整理しないまま書き殴り、情報をどんどん突っ込んでいく。
(中略)
どこにでも売っている100円のノートを使って情報を管理していくので、ここでは「100円ノート式」と呼んでおきます。

『情報は1冊のノートにまとめなさい』 7Pより引用 奥野宣之著 Nanaブックス 2008年 

この本には、他にもたくさんの重要なことは書いてあります。

でも結論は、とにかく1冊のノートに全ての情報を書き込んでいく。これに尽きます。

その名も「100円ノート式」。

 

はじめに

なぜ僕が「100円ノート式」を実践しようかと思ったかというと、最初は読書ノートを作ろうと思ったから。

僕は本を読むのが好きなのですが、読んだ本の内容をけっこう忘れていたんですよね・・・。

 

それなら読書ノートを作って、「本の内容をノートにまとめれば忘れないんじゃないか?」と、なったんです。

 

ということで読書ノートを作り、読んだ本の内容をメモしていたのですが・・・。

 

mae-nishi

なんだかしっくりこない・・・。

 

ちなみにその頃は読書ノート以外にも、

  • 仕事用のノート
  • アイディアノート

も作っていました。

それで最初はそれぞれのノートを別々にしていたんですね。

3冊のノートがある状態です。

 

でもそれだと不便な時がありました。

家で「仕事について書きたいのに、会社にノートがあるから書けない・・・」とか。

 

そんな時に『情報は1冊のノートにまとめなさい』という本の存在を知りまして。

mae-nishi

さっそく買って読んでみました。

そのあと本に書いてあった「100円ノート式」をすぐに実践!

 

そしたら自分の性格に合っていて、僕は「100円ノート式」をかれこれ2年以上続けています。

今回は『情報は1冊のノートにまとめなさい』を、2年以上実践してきた僕があなたにお伝えしたいメリットとデメリットを記事にしました。

 

「100円ノート式」のメリット

「100円ノート式」を2年以上、実践した僕が考える “メリット” は3つあります。

  1. 大切なことへの集中力が上がった
  2. やるべきことへの行動力が上がった
  3. アウトプットの量が増えた

この3つです。

 

1.大切なことへの集中力が上がった

まずは1つ目のメリットは「大切なことへの集中力が上がった」です。

 

つねに1冊のノートを持ち歩いて、そこになんでもメモします。

すると「困ったときにはこのノートを開けば大丈夫」と安心感が生まれます。

 

なにか思い出したいことがあれば、何でもノートに書いてあるので。

イメージ的には、自分の脳みその外付けハードディスクが、いつも手元にある感じ。

 

何かを記憶することにエネルギーを使わなくなったんです。

すると自分にとって、本当に大切なことへの集中力が上がりました。

 

2.やるべきことへの行動力が上がった

2つ目のメリットは「やるべきことへの行動力が上がった」です。

「100円ノート式」を始めてから、

  • 決意した目標
  • 将来やりたいこと

をノートに書くようになったんですね。

 

プライベートのことだったら、「本を読んでその内容をブログに書く!」とか。

仕事のことだったら、「○月○日までに、企画のアイディアを5つ考える!」とか。

 

それでたまにノートを見返した時に、以前に書き込んだ内容が目に付くと、「ああ!これをやるのを忘れていたな!」となるんです。

 

その結果、自分がやるべきことへの目標に向かって頑張るようになりましたね。

 

この“書く”ことによって目標に対しての頑張る力が増えるというのは、他のノート術の本にも書いてあります。

 

前田裕二さん著の「メモの魔力」にも書いてあります。

前田裕二さん著の『メモの魔力』はこう書いてあります。

紙に書いたものを、何度も見返すことで、その想いは本物へと成長し、そうして強くなった願いは、心の中にへばり付いて離れなくなります。

『メモの魔力』P10より引用 前田裕二著  幻冬舎 2018年12月

そうなんです!

手書きで書いてある文字から感じる“決意の強さ”はハンパないんです。

 

僕自身、こうやってブログを始められたのはノートに、

mae-nishi

 

ブログを始める!!

と書き続けた効果だと思います。

 

3.アウトプットの量が増えた

さいごのメリットは「アウトプットの量が増えた」です。

アウトプットの量は「100円ノート式」を始める前と比べたら増えましたね。

ノートに何かを書くってどちらかというと、アウトプットよりもインプットのようなイメージがありませんか?

でも実際はインプットよりも、逆にアウトプットが増えます。

 

「100円ノート式」を始める前は、

  • 情報のインプット場所。
  • アイディアのアウトプット場所

この2つを保存する場所がなかったんです。

 

だけどノートを常に持ち歩くようになってからは、

それまでは捨てていた「新聞の切り抜き」や・・・

 

行ったお店の「ショップカード」などのインプット情報の保存場所。

 

喫茶店でぼーっとしている時に「思いついたアイディア」などのアウトプットの保存場所。

 

この2つができました。

 

結果的に以前よりも多くのインプットができるようになり、アウトプット ( アイディア ) の量も多くなりました。

 

今では常にノートを持ち歩いているので、ノートを開くとアイディアを出そうとスイッチが入る感じです。

 

これが「100円ノート式」によって、アウトプットが増える理由です。

 

mae-nishi

次のページでは、「100円ノート式」のデメリットについてご紹介します

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました