ファッションデザイナーを目指す人に読んで欲しい本【オススメ 3選】

(こちらの記事は2020年7月20日に更新しました)

ファッションデザイナーになりたいんだけど、なにか読んでおくべき本とかないかな?

こういった疑問を解決します。

 

今回は“ファッションデザイナーを目指す人”に読んで欲しい本を3冊ご紹介します。

 

僕がオススメする本は3冊。

  1. 『ファッションデザインテクニック』
  2. 『ちぐはぐな身体』
  3. 『WHAT’S NEXT』

 

mae-nishi

それでは1冊ずつご説明します

 

『ファッションデザインテクニック』高村 是州著

1冊目にご紹介するのは、高村是州著の『ファッションデザインテクニック』です。

この本は洋服をデザインするときに描くデザイン画。

そのデザイン画の描き方がわかる本です。

 

mae-nishi

ぼくはこの本からデザイン画の“”いろはを学びました

 

高村是州さんのオフィシャルサイトはコチラです。

高村是州

 

下のリンクで『ファッションデザインテクニック』の内容がカンタンに見れます。

FDT_J

 

高村氏は文化服装学院で教師を勤めていた方。

世の中にはデザイン画の描き方の本がたくさんありますが、この1冊を読んでおけば問題はないと思います。

 

また「私、絵を描くのとか苦手なんだけど・・・」という方にこそ、おすすめしたい本です。

デザイン画を描くことで、人体の構造も自ずと頭に叩き込まれるので。

 

読む前と読んだ後では、人体の描き方にぐんと差が出ます!

 

『ちぐはぐな身体』 鷲田 清一著

つづいてご紹介するのは、鷲田清一さん著の『ちぐはぐな身体』。

この本は哲学書なんですが、内容自体はわかりやすいです。

 

僕が初めて読んだのは、高校三年生でした。

読みやすくて一日で読んだ記憶があります。

それまでの僕は本なんて、あまり読んだことなかったのに。

「ちぐはぐな身体」は、それくらいわかりやすくて読みやすいんです。

 

この『ちぐはぐな身体』を読むことで、服を着る楽しみ、服を見る楽しみに加えて、服について考える楽しみが増えるんです。

 

『WHAT’S NEXT』

さいごにご紹介するのは、BEAMSとマガジンハウスが出した『WHAT’S NEXT』です。

『WHAT’S NEXT』が発売されたのは、僕が社会人になってから。

この本を初めて手にとった時は、「なんでこの本を僕が学生の時に出してくれなかったんだ!」と恨みました 笑

 

 

YouTubeには動画も上がっていて、こちらもオススメです。

 

この『WHAT’S NEXT』1冊で、東京のファッションの歴史がわかります。

 

まとめ

今回はファッションデザイナーを目指す人に読んで欲しい本を3冊ご紹介しました。

  1. 『ファッションデザインテクニック』
  2. 『ちぐはぐな身体』
  3. 『WHAT’S NEXT』

上記の本を読んで、アタマに叩き込めば、ファッションデザインに対する理解はグッと深まると、僕は考えます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました