「読んで良かった!」読むと時間の使い方が変わる本【ベスト 3】

「ついだらだらと過ごしてしまう」

「時間が本当にない!!」

こんなことを考えることはないでしょうか?

今回はそんな方に読んで欲しい「読むと時間の使い方が変わる本」を3冊ご紹介したいと思います。

 

今回僕がおすすめするのは次の3冊です。

  • 『時間革命』堀江貴文著
  • 『超時間術』ダイゴ著
  • 『エッセンシャル思考』 

 

mae-nishi

それでは参ります

 

 

時間革命

 

まずご紹介したいのは、ホリエモンこと堀江貴文氏が書いた「時間革命」です。

この本で堀江氏が述べているのは、シンプルな主張。

 

それは

自分時間を増やす+他人時間を減ら→人生の質が高くなる

というもの。

 

自分時間=やりたいこと。

他人時間=やりたくないこと。

こう考えていただければ、大丈夫です。

 

 

超時間術

 

つづいてご紹介したいのは、メンタリストでユーチューバーのダイゴさんが書いた「超時間術」です。

この中で簡単ですぐにできる時間術だなと感じたのはひとつ。

それは休みの日の予定を書き出しておくというもの。

 

オランダで行われた研究によれば、事前に「休日の過ごし方」をしっかり考えた被験者は、その直後にストレスがやわらいだだけでなく、休暇プランを終えた後でも幸福感が8週間も続きました。

(中略)

もちろん、本当に休日が計画通りにいかなくても問題はありません。あくまで大事なのは細かい計画を立てることです。これにより、あなたの中には「自分で人生をコントロールできている」との感覚が高まり、結果としてストレスに負けないメンタルになっていくのです。

出典:『超時間術』 DaiGo著 実務教育出版 2018年4月10日 P184より

 

 

僕も実践しています。

 

こうやって休みの日の予定を書き出しておくことで、平日を頑張れるとともに、休みの日になってダダらと過ごしてしまうのを防げます。

 

エッセンシャル思考

 

さいごにご紹介するのは、「エッセンシャル思考」です。

この本は時間術の本ではないのですが、この本の内容を意識することで、時間の使い方が上手くなります。

それはあれもこれも頑張ろうとするのではなく、一点に集中して自分のエネルギーを使おうというもの。

イラストでイメージするならこんな感じ。

いろんなことを頑張ろうとすると、エネルギーを非効率に使うことになるし、結局どれも結果が出せない。

でも上のイラストのように、一点に集中すれば、ぐんぐんと進める。

 

僕も普段の生活で、「今の僕の状態はエッセンシャルだろうか?」と意識するようになりました。

 

 

 

まとめ

今回の記事では、僕がおすすめする時間術の本を3冊ご紹介しました。

  • 『時間革命』堀江貴文著
  • 『超時間術』ダイゴ著
  • 『エッセンシャル思考』 

人生を決めるのは時間の使い方かと思います。

あなたも興味がございましたら、上の本を読んでみてください。  

BOOK
maenishiをフォローする
まえにしのアナクロノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました