【本多孝好さんの小説 おすすめBEST 5】まずはこれを読んでほしい!!

BOOK

(こちらの記事は2020年4月30日に更新しました。)

本多孝好さんの小説って数が多くて、どれから読めばいいのかわからない・・・

こういった疑問にお答えします。

 

 

 

はじめに

本多孝好さんとは?

本田孝好(ほんだ たかよし)さんは、1971年東京都生まれの作家です。

慶応義塾大学法学部卒業。94年に「眠りの海」で第16回小説推理新人賞を受賞しました。その後、99年に同作を収録した『MISSING』で単行本デビュー。 

ちなみに映画「SP」の脚本を手掛けた金城一紀さんとは大学の同級生で、小説を書き始めたキッカケも彼からの影響です。

 

結論から書きますと、僕がおすすめする本多孝好さんの作品は5冊あります。

  1. 『MOMENT』
  2. 『MISSING』
  3. 『FINE DAYS』
  4. 『正義のミカタ I’m a loser』
  5. 『dele』

 

mae-nishi

それではこの5冊を “おすすめする理由” について書いていきます。

 

 

BEST 1.『MOMENT』

オススメの1作目は『MOMENT』です。

『MOMENT』は4話の短編で構成されている連作短編小説です。

 

僕の中で、本多さんの代表作といえばこの『MOMENT』。

間違いなく今までの人生で、一番多く読んだ小説です。

 

学生の時は、 “神田君の言葉選びや “少し斜に構えた世間への考え方” が好きで読んでいました。

 

しかしいつの間にか神田君より年を重ねた “今” あらためて読んでみると、
「人が死に直面した時にどんな行動を取るかで、その人がどういう人間かわかる」
と考えさせられます。

 

ありきたりな言い方ですが、読むたびに読み味や、感じ方が変わる作品です。

 

『 MOMENNT』の続編には、

  1. 『WILL』
  2. 『MEMORY』

があります。

 

もし『MOMENT』を読んで面白かった方は、ぜひこの2作を読んでみてください。

この2作品では、神田君と幼なじみの森野のその後や過去について描かれています。

 

神田君が森野に渡したポケットティッシュとか、「あの時のあれには、あんな意味があったのか!と気づかされる作品です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました