【アン、パティ、ミシェルからの影響】UNDERCOVERの2004AW「BUT BEAUTIFUL…」。

FASHION

「子供のころに観た怖い映画を思い出す服があります」。

怖くてたまらないけど、気になって仕方がないから、手のスキマからのぞき込むように観た映画。

そんな映画を思い出させるのは、UNDERCOVERが2004年から2006年までの5シーズンに渡って発表された「BUT BEAUTIFUL」シリーズの服たちです。

 

今回はその始まりのシーズンである2004秋冬「BUT BEAUTIFUL…」について、

  • アン、パティ、ミシェル、3人の女性クリエイターからの影響
  • 高橋氏のディレクション能力
  • 女性的な感覚で作ったコンセプチュアルな服

という3つのキーワードをもとに書きました。

 

 

UNDERCOVER 2004AW「BUT BEAUTIFUL…」

伝説的な連作コレクション、「BUT期」はこのシーズンから始まりました。

 

「BUT BEAUTIFUL…」は、ぬいぐるみで遊ぶ長女を見ていて、「ぬいぐるみのような服を作りたい」と思ったことからスタートしました。

 

「BUT BEAUTIFUL…」の服を見ていると、可愛いもの象徴であるぬいぐるみが、不気味に怖く感じてきます。

またぬいぐるみのような服を作ることで、「ハンガーに吊るした時に面白い服」になっています。

 

ジョニオ氏は「BUT BEAUTIFUL…」で、3人の女性アーティストから影響を受けて服を作りました。

 

その3人の女性アーティストとは、

①フランス人のぬいぐるみ作家、アン・ヴァレリー・デュポン

②NYのパンクミュージシャンであり詩人、パティ・スミス

③ガラクタでアクセサリーを作る、ミシェル・ジャンク

です。

 

3人の女性アーティスト、アン、パティ、ミシェル

フランス人ぬいぐるみ作家、アン・ヴァレリー・・デュポン

1976年生まれ。ストラスブール大学を卒業した後、1999年よりテキスタイル彫刻家として始動。パリやニューヨークなどで展覧会を開催し、高く評価されている。フランス、ブサンソンを拠点に世界中で活躍中。

 

NYのパンクミュージシャンであり詩人、パティ・スミス

1946年生まれ。愛称は「パンクの女王」。詩人として詩集を3冊発表した後、『Horses』でメジャーデビュー。3枚のアルバムを発表するも、人気絶頂の中で引退。その後、1988年に『Dream of Life』で復活して、現在も精力的に活動中。

 

 

 

「BUT BEAUTIFUL…」の服のイメージは、

パティが70年代に着ていた服
×
アンの作るぬいぐるみの手作り感
+
ミシェルのガラクタ・アクセサリー 

 

高橋氏のディレクション能力

コレクションには、チェックのベストやオーバーサイズのジャケット、深くかぶった帽子が多く登場します。これらのアイテムは、70年代にパティが実際に身に付けていたアイテムです。

 

そんなパティの身に付けていたアイテムに、

・中綿を入れてモコモコとさせた生地

・1つ1つの形が違うボタン

・手縫いでチクチクと縫い上げたステッチ

・カオス感のある柄使い

などの、アン・ヴァレリー・デュポンが作るぬいぐるみのディテールの特徴を加えています。

ちなみにショーでモデルが被っている鳥のマスクは、このショーの為にアンが作ったもの。

 

そんな、パティ×アンのぬいぐるみのような服に、ミシェル・ジャンクのゴチャゴチャとしたアクセサリーを加えることで、ルック一体一体のインパクトを高めています。

 

普通なら一つ一つの要素がぶつかり合って、まとまらないでしょう。
しかしジョニオ氏は、アン、パティ、ミシェル、年代も国籍もバラバラの3人の女性アーティストの作品を、UNDERCOVERという「ジョニオ氏の脳内世界」で見事にまとめ上げています。

 

その編集力は「さすが」の一言。

 

しかも発表された服はタグを外しても、「ああ、UNDERCOVERの服だな」とわかるデザインに仕上がっています。

 

女性的な感覚で作ったコンセプチュアルな服

ジョニオ氏は「BUT BEAUTIFUL…」で、アン、パティ、ミシェルの3人の女性アーティストの作品が持つ、‘‘女性的な感覚” をUNDERCOVERの服に注入しました。

 

そうすることで、

・東コレ時代(ファスナーでバラバラになる服など)

・パリコレ初期(パッチワークでかさぶたを表現した服など)

上記の男性目線のコンセプチュアルな作風からは、1つレベルが上がったコレクションになっています。

 

mae-nishi

「BUT BEAUTIFUL…」の服は、UNDERCOVERの過去と未来、両方の服を語る上で重要なコレクションです。

 

UNDERCOVERの歴代コレクションの中でも 「BUT BEAUTIFUL…」はジョニオ氏のお気に入りのシーズン

ジョニオ氏も「BUT BEAUTIFUL…」の服は気に入っていて、ベストルックにたびたび選んでいます。

「BUT BEAUTIFUL…」(04-05年秋冬)は、いつ見ても服そのものが面白いコレクションで、いちばん好きな作品のひとつ。

『“QUOTATION” 一冊、アンダーカバー』P15より引用

 

いつ見ても、服がやっぱりイイ!

『WWD なぜ今「アンダーカバー」なのか?』2007年6月25日号 P7より引用

 

 

「BUT BEAUTIFUL…」の服が掲載された雑誌 

  • 『SENSE』 2004年 6 月号
  • 『装苑』 2004年 7月号 P19 ~24
  • 『HUgE』 2004年10月号 P20~32
  • 『FASHION NEWS』 2004年 7月号 P10~15
  • 『MEN’S NON-NO』 2004年 8月号 P46~53

「BUT BEAUTIFUL…」の服が掲載された書籍の情報です。

 

今回の記事を読んで、もっと深くBUT期の服について知りたいと思っていただけたなら、探してみて下さい。

 

さいごに

今回の記事では、

  • アン、パティ、ミシェル、3人の女性クリエイターからの影響
  • 高橋氏のディレクション能力
  • 女性的な感覚で作ったコンセプチュアルな服

という4つのキーワードをもとに、UNDERCOVERの2005AWコレクション『BUT BEAUTIFUL …について書きました。

 

ジョニオ氏は「BUT BEAUTIFUL…」で、3人の女性クリエイターから影響を受けて服を作りました。

この次のシーズンでは、チェコの鬼才シュルレアリストのヤン・シュバンクマイエルへオマージュを捧げた服を作ります・・・。

 

お時間ございましたら読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました