これを読めば間違いない! 伊坂幸太郎さんの小説【おすすめBEST-3】

伊坂幸太郎さんの小説って作品数が多くて、どれから読めばいいのかわからない・・・

こういった疑問にお答えします。

 

今日は伊坂幸太郎さんの小説のおすすめBEST 3をご紹介したいと思います。

 

結論から書いてしまうと、ぼくがオススメする伊坂さんの小説オススメBEST3次の作品です。

  • 砂漠
  • ゴールデンスランバー
  • ラッシュライフ

 

mae-nishi

それでは、この3作品について詳しく説明していきます。

 

『砂漠』

ひとつ目にご紹介したいのは『砂漠』です。

ぼくはこの小説を読んで「伊坂幸太郎さんの小説にハマりました。

この小説の前にも「重力ピエロ」や「グラスホッパー」も読んでいたのですが、あんまりハマらなくて・・・。

 

でもこの小説を読んで、伊坂さんの小説の新の魅力に気づけました。

伊坂さんの小説の魅力って、“小説でしか表現できないトリック”にあると思うんです。

 

『砂漠』は、その“小説でしか表現できないトリック”がギッシリと詰まっている作品です。

 

『ゴールデンスランバー』

つづいては堺雅人さん主演で映画化された『ゴールデンスランバー』です。

この小説はなんといってもスピード感が凄まじい!いちど読みだすとページをめくる手が止まらなくなります。

 

小説はもちろんのこと、映画も面白いんです。

 

エンディングで流れる斉藤和義さんの曲がたまりません。

 

 

『ラッシュライフ』

この小説も『砂漠』と同じように、“小説でしか表現できないトリック”が見事な1冊です。

全て読み終わった後に、小説の初めの方にあったエッシャーのだまし絵の意味に気づかされます。

 

ラッシュライフー豊潤な人生

『ラッシュライフ』 P456より引用 伊坂幸太郎著 新潮社 2002年7月

 

 

まとめ

今回の記事ではぼくがオススメする伊坂幸太郎さんの小説を3冊ご紹介しました。

  • 砂漠
  • ゴールデンスランバー
  • ラッシュライフ

上記の小説を読んで、僕の小説愛は深まりました。この小説たちに出会っていなかったら、今までの人生でここまで本を読んでいなかったと思います。

 

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました