【SALONIA】スピーディーイオンドライヤーを買いました!

雑貨

電化製品が急に壊れることって、ありませんか?

昨日までは普通に使えたのに、ある日急に使えなくなる。

昨日、まさに僕もそういう状況になりまして、壊れたのは「ドライヤー」です。

 

壊れたパナソニックのドライヤー「ionity」

昨日、壊れたパナソニックのドライヤー「ionity」。

いつものように使おうと思ったら、冷たい風しか出なくなっていたんです。

このドライヤーを買ったのは、18歳の時です。もうかれこれ10年以上も使っていました。

値段は確か3000円くらい。

3000円で10年以上も使っていたのだから、十分に元は取れた買い物ですね。

 

ということで今日新しいドライヤーを買ったので、ご紹介していきます。

 

新しく買ったのは「SALONIA」スピーディーイオンドライヤー

新しく買ったのは、「SALONIA」のスピーディーイオンドライヤー

ヤマダ電機で、5,137円(税込み)でした。

 

「SALONIA」の機能

機能はこんな感じです。

 

早速開封!

中身は、

  • 本体
  • ノズル
  • 取扱説明書

の3つでした。

 

「SALONIA」のデザイン性

このドライヤーの購入の決め手は、なんといってもこのデザイン性です。

僕はドライヤーに対するこだわりはなく、「白くてデザインが主張してなかったらなんでもいいや!」という感じでした。

今日も本当はヤマダ電機で、一番安い白いドライヤーを買おうと思っていたんです。

しかしこの「SALONIA」を見つけた僕は、このデザイン性に一目惚れ! どうしても欲しくなってしまったんです。

 

先に向かって細くなっていくカタチ

この先に向かって細くなっていくカタチが好きです。

 

ノズルの先はこんな風に細長い丸になっています。

 

 

マットな質感

確実に写真では伝わらないと思うのですが、「SALONIA」の魅力はプラスチックぽくないマットな質感です。

 

肌触りもやわらかくて、持っていて気持ちがいい。

 

しかし普通のプラスチックとちがうマットな質感なので、「使っているうちに汚れないか」が心配なポイントですかね。

 

デザインになじんだ文字の書体

「SALONIA」の文字もデザインに馴染む、シンプルな細い書体です。

 

特に好きなのは、この風量調節の部分の文字の雰囲気。

 

折りたたむとこんな感じ

折りたたむとこんな感じです。

そんなにコンパクトな印象はないです。

 

オールホワイトの統一感

こういったウラ側の部分も白色になっていたり、

 コンセントも白になっている部分が、デザインに統一感があって、カッコイイです。

 

実際に使ってみる!

実際に使ってみると、今まで使っていたドライヤーよりも、

  • 風量が多い
  • 音が静か

この2つを強く感じました。

今後も「SALONIA」をガンガン使っていきます。

 

まとめ

以上、今回はドライヤー「SALONIA」について書きました。

当記事のまとめ

  • 「SALONIA」の値段は、5,137円(税込み)
  • デザインが素晴らしい!
  • でもマットな質感が汚れないかが心配。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました