毛糸玉ポーチの作り方 Part 2 【毛糸玉ポーチを作るために必要な道具】

FASHION

上の写真は僕が考えた「毛糸玉ポーチ」。

 

毛糸玉ポーチの作り方 Part 1 【毛糸玉ポーチの材料】」という記事では、

  1. 毛糸玉(ぬい付け用)
  2. 毛糸玉(観察用)
  3. ベース用の生地
  4. 裏地
  5. 芯地
  6. オモテ生地用のぬい糸
  7. ウラ生地用のぬい糸
  8. ファスナー

毛糸玉ポーチを作るために必要な材料についてご紹介しました。

まだ読んでいない方は、ぜひ読んでみてください。

 

今回の記事はそのつづき、

毛糸玉ポーチを作るのために必要な道具

について書きました。

 

毛糸玉ポーチを作るために必要な道具

毛糸玉ポーチを作るために必要な道具は9コあります。

  1. ミシン
  2. ぬい針 (毛糸用)
  3. ぬい針 (ウラ地用)
  4. まち針
  5. 針山
  6. アイロン台
  7. アイロン
  8. ハサミ(できれば、布・紙用のそれぞれを)
  9. 型紙

 

mae-nishi

それでは道具について、
ひとつひとつ簡単にご説明していきます。

 

ミシン

上の写真は僕が愛用しているミシン。ミシンは毛糸玉ポーチのベースとウラ生地をぬうために使います。

 

ミシンが無い場合でも、ベースとウラ生地を手でぬえばなんとかなります。

 

ぬい針 (毛糸用) ぬい針 (ウラ地用)、まち針、針山

つづいての必要な道具は、ぬい針×2、まち針、針山です。

ちなみにぬい針は、

  • 毛糸用
  • ウラ地用

の2種類が必要です。

 

まち針と針山は生地をぬう時やカットする時に使います。

 

アイロン台とアイロン

アイロン台とアイロンは生地に芯を接着する時に使います。

 

ハサミ(できれば、布・紙用のそれぞれを)

ちなみにハサミはできれば、

  • 布用
  • 紙用

の2種類があると良きです。

 

ハサミは布用と紙用の2種類があればベストですが、ないときは100均で買ったハサミを布用にしてもよいかもです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました