無印良品の「壁に付けられる家具」でデスク回りを改造。

INTERIOR

先日、部屋の本棚に本が収まりきらなくなっていたので、無印の「パルプボードボックス」で本棚を増設しました。

 

 

本棚の増設自体は問題なく終わり、床に散らばっていた本も収納できたので、デスク回りはかなりスッキリ。

 

mae-nishi

だけど一つだけ問題があったんですよね・・・。

 

 

 

はじめに

問題はこのコンポ。このコンポは20歳の時に買ってから、ずっと使ってきました。
右側にはCDプレイヤーも付いているのですが、今は壊れてしまってアイポッドでしか音楽は聴けません。

壊れてはいるものの、学生時代から今日まで使ってきたので、様々な思い出が詰まっている大切なコンポなんです。

 

以前まではコンポを本棚の上に置いていました。しかし本棚を増設して高くしたことで、コンポを置く場所がなくなったんです。

増設した本棚の上に置いても良かったのですが、それだと位置が高くなりすぎて操作がしにくいんですよね・・・。

 

机の上に置いてみようかと思ったのですが、場所を取り過ぎて作業の邪魔になってしまうし。

いっそのこと、ブルートゥースのスピーカーでも買って「音楽はアイフォンで再生して聴こうかな」とも考えました。

しかし学生時代から使っているこのコンポに愛着があるので、なんとかいい感じに設置できる方法を探しました。

 

そしてそんな問題を解決する家具に出会ったんです。

 

 

無印良品の「壁に付けられる家具」

それは以前から気になっていた無印良品の「壁に付けられる家具」。今回はこの家具でコンポを置く場所を作りたいと思います。

この「壁に付けられる家具」は釘などを使わずに、壁に付けられる優れもの。

 

壁に付けられる家具・棚・幅44cm・オーク材 | 無印良品
タモ材からオーク材に材料を変更しました。石膏ボードの壁であればどこでも付けられます。壁を大きく傷付けることなく、簡単に取り付けできます。耐荷重:3kg

値段は1990円(税込み)と、かなりリーズナブル。

ちなみに「壁に取り付ける家具」の材質は3種類あって、僕が購入したのは「オーク材」のタイプ。

 

他にも木材の色味が、オーク材よりも濃い「ウォールナット材」

壁に付けられる家具・棚・幅44cm・ウォールナット材 | 無印良品
タモ材からウォールナット材に材料を変更しました。石膏ボードの壁であればどこでも付けられます。壁を大きく傷付けることなく、簡単に取り付けできます。耐荷重:3kg

 

ウレタン塗装がしてある「タモ材/ライトグレー」もあります。

壁に付けられる家具・棚・幅44cm・タモ材/ライトグレー | 無印良品
石膏ボードの壁であればどこでも付けられます。壁を大きく傷付けることなく、簡単に取り付けできます。耐荷重:3kg

本当はこの「タモ材/ライトグレー」が壁になじんで、いい感じに存在感がなさそうだったので欲しかったのですが、僕が行った無印にはこのタイプは置いてありませんでした。

 

 

「壁に付けられる家具」を実際に付けてみる

中はこんな感じです。棚本体と取り付けるための画びょう、あと注意書き、説明書が入っていました。

 

 

取付説明書の下には、棚の取り付け位置のガイドが付いています。写真のように家具を取り付けたい場所テープで貼り付けます。

 

 

金具をガイドの位置で持ちながら、画びょうを差し込みます。

 

 

画びょうを4か所に差し込んだら、金具の取り付けが完了。

 

 

針の跡はどれくらい?

画びょうを差した跡は、どういう風になっているか気になったので抜いてみました。かなり小さい跡しか残っておらず、これなら賃貸のアパートでも問題なく取り付けられる、はず・・・。

 

 

 

本棚の後ろはこういう風に、金具をひっかける仕様になっています。

 

 

「壁に付けられる家具」の取り付けが完了

あとは金具に棚をひっかければ、棚の設置が完了です。棚の設置にかかった時間は10分以下。めちゃくちゃ簡単に設置できました。

 

コンポも置いてみる

早速コンポを置いてみます。

 

 


デスク全体はこんな感じになりました。

早速棚の上に置いたコンポから音楽を流してみました。頭上から音楽が聞こえてきて、まるで喫茶店にいるかのよう。これはかなり集中できます。

 

コンポの位置を変えて、かなり集中できる環境が出来ました。今後もこの作業環境でブログをUPしていきます。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました