「ゼロ秒思考」のメモ書きを3週間実践。【思考力に変化はあるのか?】

BOOK

「あなたは普段 “考えること” ができていますか?」

 

この質問に自信をもって「はい」と答えることができるでしょうか。

 

以前までの僕でしたら、「はい」と答えることはできませんでした。

しかしある1冊の本に出会ったことで、以前の自分よりも“考える力”が向上したんです。

 

その1冊の本というのが・・・。

 

mae-nishi

赤羽雄二さんが書いた『ゼロ秒思考』です。

 

『ゼロ秒思考』とは?

  • 2012年12月ダイヤモンド社より発刊。
  • マッキンゼーで14年間活躍した赤羽雄二(あかばゆうじ)さんの著書。
赤羽さんが本の中に書いている「ゼロ秒思考」とは、一体どういう思考法なのか?
それは次のような状態です。
課題が整理され、問題点の本質が見え、本質的な解決策とそのオプションが浮かび、オプションのメリット、デメリットがすぐわかるようになる。問題の本質と全体像を押さえた確実な対策が打てるようになる。
そうした思考の「質」と「スピード」、双方の到達点が「ゼロ秒思考」だ。
『ゼロ秒思考』赤羽雄二著 ダイヤモンド社 50Pより引用

 

そして赤羽さんが「ゼロ秒思考」の中で考える訓練として推奨しているのが、“A4用紙へのメモ書き”です。

 

しかし、ただ自分が気づいたことを書き込むメモではありません。

 

自分の “考えていることを可視化” するためのメモなんです。

 

「ゼロ秒思考」式メモ書きの方法

A4の紙に1件1ページで書く。
ゆっくり時間をかけるのではなく、1ページ1分以内にさっと書く。
毎日10ページ書き、フォルダに投げ込んで瞬時に整理する。
それだけで、マッキンゼーのプログラムでも十分に教えていない、
最も基本的な「考える力」を鍛えられる。
深く考えることができるだけでなく、
「ゼロ秒思考」と言える究極のレベルに近づける。

『ゼロ秒思考』赤羽雄二著 ダイヤモンド社 4Pより引用

 

図にするとこんな感じです。

 

ゼロ秒思考式のメモ書きの方法は、次の内容です。

  • A4の紙を横向きで使う。
  • 左上にタイトルを書いて、その下にラインを引く。
  • 右上に日付を書く。
  • 各行はダッシュ「–」で始める。
  • 各行を20~30文字くらいに収める。

 

「ゼロ秒思考」式メモ書きに必要なもの

メモ書きをするには、次の4つだけで大丈夫。

  1. A4の裏紙
  2. PILOT VCORN 直液式水性ボールペン
  3. クリアファイル
  4. 貼ってはがせるテープ

 

 

A4の裏紙

まず準備する1つ目は「A4の裏紙」

 

裏紙でなくても、普通のA4のコピー用紙でも構わないのですが、裏紙だと「もったいないかな?」などを気にせずに書くことができます。

だから裏紙がオススメなんです。

僕はとりあえず200枚ほど用意しました。

 

裏紙を手に入れられない場合は、500枚セットで売っているA4のコピー用紙もオススメ。

 

 

 

PILOT VCORN 直液式水性ボールペン

つづいては準備するのは「PILOT VCORN直液式水性ボールペン」です。

僕は近所の本屋で80円位で買いました。

 

このボールペンはめちゃくちゃ軽いし、スラスラと文字が書けます。

緊張感なく思ったことを書き殴るときには最適なペンという感じです。

 

とりあえず「試しにメモ書きをやってみよう」というときは普通のボールペンでも大丈夫だと思います。

 

 

 

A4のクリアファイル

3つ目に準備してほしいのは「クリアファイル(A4)」。

「クリアファイル」は、メモ書きした紙を分類(フォルダ分け)する時に使います。

 

 

 

3Mの貼ってはがせる修正テープ

さいごに準備してほしいのは、「はがせる修正テープ」

このテープは、メモを分類したクリアファイルにタイトルを付ける時に使います。

 

 

近所の文房具屋に行って探したのですが、詰め替え用しか売っていませんでした・・・。

 

はさみでカットすれば使えるので、今回は詰め替え用を使ってみます。

 

 


 

 

以上、「メモ書きのために準備する4つの道具」でした。

  1. A4の裏紙
  2. PILOT VCORN 直液式水性ボールペン
  3. クリアファイル
  4. 貼ってはがせるテープ

 

mae-nishi

準備するのはこの4つだけで大丈夫なんです。

総額で約2000円です。
紙を裏紙にして、家にあるボールペンを使えば、もっと安く収まります。

 

次のページでは、僕が実際に「ゼロ秒思考」を、3週間試してみた結果をご紹介していきます。

 

 

 

BOOK
maenishiをフォローする
まえにしのアナクロノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました