【グルグルなド西洋のアイテム】UNDERCOVERの2006AW「GURUGURU」

FASHION

【パリコレ史上、もっともマニアックなコレクション】UNDERCOVERの2006SSの「T」期を解説」という記事では、

  • 架空の5つのバンド「THEE CROUH」「CHUUUT」「KLAUS」「THE SSSSS」「THEO BURP」
  • ジャーマン・プログレッシブロックからのインスパイア
  • 立体裁断を用いたドレーピング

というキーワードをもとに、UNDERCOVERの2006SSコレクション「T」について書きました。

 

mae-nishi

まだ読んでいない方は、ぜひ読んでみて下さい。

 

 

今回はそのつづきUNDERCOVERの2006AWシーズン、「GURUGURU」について書きました。

 

 

まずはテーマになった「GURUGURU」とはどういう意味なのか?

答えは単純で、“衣服をグルグルと巻き付ける”という意味からつけられました。

 

グルグルと巻き付ける

「GURUGURU」のテーマ通り、服の1部が異様に長く作ってあり、ぐるぐると巻き付けられるようになっています。

 

今回は、

  • 東洋の巻き付けるで、リメイクされたド西洋なアイテムたち
  • モデルの顔を覆ったマスク
  • 裏テーマの「人の感情やDNAを一切感じさせない」

この3つのキーワードをもとに「GURUGURU」について書いていきました。

 

東洋の巻き付けるで、リメイクされたド西洋なアイテムたち

「巻き付ける」は東洋の衣服の構造

「巻き付ける」という仕様で服を作るのは、東洋の衣服に見られる構造です。

 

mae-nishi

たとえばインドのサリーなど。

 

 

 

アイテムは反対にド西洋

そんな東洋の「巻き付ける」という衣服の構造と相反してアイテムには、

  • ナポレオンジャケット
  • モッズコート
  • タキシードジャケット

など、ド西洋のアイテムをチョイスしています。

 

こんなふうに・・・

東洋の“巻き付ける”という構造
×
ド西洋なアイテム

と、1着の洋服に相反する2つの要素を組み合わせています。

 

 

モデルの顔を覆ったマスク

東洋と西洋の相反する要素を混ぜ合わせ以外にも、「GURUGURU」で注目するべき点はあります。

それはモデルの顔を覆ているマスクでしょう。

まるで服自体が意思を持って、顔にまで侵食しているかのよう。

 

モデルが客席に突っ込んでしまったり、閉所恐怖症のモデルからはショーの出演を断られたりもしたそうです。

 

マスクは初期マルジェラの影響

モデルの顔をマスクで覆ったコレクションといえばあるデザイナーを思い浮かべないでしょうか?

 

mae-nishi

そうです。マルタン・マルジェラです。

 

マルジェラのコレクションでは、よくモデルの顔をマスクで覆うことがよくあります。

マルジェラもデビューした時にひとみさんに「マルジェラ」って人が出てきたと言ってました(笑)。渋谷に店があるらしいというので見に行ったら、エレベーターのところにTシャツを着せたボディがあるんだけど、切りっぱなしでロックの糸もどこも始末していない。
四角い無地のぴょんぴょんが付いてて「何だこれ?」だし、バナナみたいなパットの入っている初期の肩の狭いジャケットも、そこら中にダーツが入っているのに衝撃を受けて、「これでいいんだ」と。
そういうある意味「ダメ」な見本に衝撃を受けました。影響は大きかったですね。

『SUMIRE』P22より引用

ジョニオ氏はマルジェラファンなので、このマスクはマルジェラからの影響でしょう。

 

 

裏テーマの「人の感情やDNAを一切感じさせない」

「BUT BEAUTIFUL Ⅱ」から作り始めたジョニオ氏手作りのインスピレーションノート。このシーズンのデザインノートの表紙は、映画「時計じかけのオレンジ」の1シーンでした。

 

「時計じかけオレンジ」は、不良少年の主人公アレックスが警察によって、人格を変えられてしまうというもの。そんなストーリーの映画です。

 

学生時代に近所のDVDショップで見つけた「時計じかけのオレンジ」のDVD。

そのDVDの裏側を見たら、「GURUGURU」のインスピレーションノートの表紙と同じ写真が小さく載っていました。

そのDVDを速攻でレジに持って行って家に帰って早速観た僕。

 

映画の内容と「人の感情やDNAを一切感じさせない」というGURUGURU」の裏テーマがリンクしていて一人で興奮しました。

 

服自体は意外とフェミニン

ダークな雰囲気のマスクにばかり気を取られてしまいますが、服自体はよ~く見るとフリルがあしらわれたキャミソールなどのフェミニンな仕上がり。

 

「GURUGURU」期の服が掲載された雑誌 

  • 『MEN’S NON-NO』 2006年 2月号 144~151p
  • 『high fashion』 2006年 6月号 48~53p
  • 『HUgE』 2006年 12月号 124~131p
  • 『A MAGAZINE』

さいごに「GURUGURU」の服が掲載された雑誌の一覧です。

この中で強くおすすめする1冊の雑誌があります。

 

おすすめは『A MAGAZINE』

mae-nishi

このシーズンに発刊された『A MAGAZINE』は本当に素晴らしい!

「BUT期」のジョニオ氏の脳内をまとめたポートフォリオですって感じで、何度見ても全く飽きないです。

ちなみに「A MAGAZINE」では、マルジェラがリメイクしたUNDERCOVERのTシャツがのっています。

 

まとめ

  • 東洋の巻き付けるで、リメイクされたド西洋なアイテムたち
  • モデルの顔を覆ったマスク
  • 裏テーマの「人の感情やDNAを一切感じさせない

今回はこの3つのキーワードをもとにUNDERCOVERの2006AWコレクション「GURUGURU」について書いていきました。

 

「GURUGURU」はUNDERCOVERのコレクションのなかでは、もっともアンダーグラウンドの香りが強いコレクションの一つではないでしょうか。

 

みなさんも、もう一度「GURUGURU」のコレクションを見てみて下さい。

 

「GURUGURU」でアングラの極みのようなコレクションを作り上げたジョニオ氏。つづく2007SSでは、BUT期のクリエイションとは真逆のセクシーでフェミニンな服作りに挑戦します。

セクシー× UNDERCOVERの毒・・・ 「Purple」を解説』という記事では、くわしく書いておりますので、ぜひ読んでみて下さい。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました