東京事変のアルバムをご紹介

東京事変のアルバムって、どんな感じなんだろう?

こんな疑問を解決します。

 

mae-nishi

それでは参ります。

 

教育

ファーストアルバムです。

この頃は椎名林檎のアルバムの延長線上という感じです。

「群青日和」は超有名曲です。

 

大人(アダルト)

セカンドアルバム。

僕が初めて買った東京事変のアルバムです。

アルバム一曲目のドラムからシビれます。

そのドラムの音を聞くだけのために、アルバムを買っても損はない。

そんな感じのアルバムでしょう。

また「修羅場」や「透明人間」などの今でも、ライブで演奏される定番曲も収録されています。  

 

娯楽(バラエティ)

サードアルバム。

このアルバムが発売されたのは僕が高校生の時でした。

正直このアルバムを初めて聞いた時は、よくわからんかったんですよね。

なんか不思議な印象の曲が多いなというか。 今までの東京事変っぽくないなという印象でした。

それもそのはず。

この「娯楽」は椎名林檎以外のメンバーも作詞作曲に積極的に参加したアルバムなんです。   高校生の時には理解できなかった「娯楽」でうが。

 

その後に東京事変や椎名林檎以外のさまざまなミュージシャンのアルバムを聞いてみた後に、改めて聞いてみるとその凄さがわかりました。

 

スポーツ

「スポーツ」は東京事変のアルバムの中では、「大人」の次によく聞いたアルバムです。

何度も何度もリピートして聞いても飽きない。 「スポーツ」はそんなアルバムです。  

とくに「絶体絶命」という曲が最高です!

 

 

大発見

「大発見」は東京事変の最終形態のようなアルバムです。

どこから見ても、死角なし。

そんな言葉が似合うアルバムです。  

 

color bars

解散直前に出したアルバムです。

ファンは一度は耳を通しておくべきアルバムでしょう。 「今夜はから騒ぎ」が良きです。  

 

音楽

「音楽」がテーマに作られてアルバムです。

良作だと思います。  

 

まとめ

東京事変のアルバムにハズレはありません。

だから気になる方は、すべてのアルバムをぜひ聞いてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました