【感性を研ぎ澄ませ!】有名デザイナーが衣装をデザインした映画まとめ

ファッションとは切っても切りはなせないモノ。

それは映画。

僕はファッションも映画も両方ともが好きなので、今回の記事ではファッションデザイナーが衣装を担当した映画をご紹介していきます。

 

ご紹介するデザイナーは、つぎの方々です。

  • ココ・シャネル
  • クリスチャン・ディオール
  • ユベール・ド・ジバンシィ
  • イブ・サンローラン
  • ラルフ・ローレン
  • ミウッチャ・プラダ
  • ジョルジオ・アルマーニ
  • ジャンポール・ゴルチエ
  • 山本耀司
  • アニエスベー
  • トム・フォード
  • ラフ・シモンズ

 

mae-nishi

それでは参ります。

 

ココ・シャネル

「ゲームの規則」 1939年

ジャン・ルノワール監督の作品です。

 

クリスチャン・ディオール

「舞台恐怖症」1950年

アルフレッド・ヒッチコック監督の初期作品です。

 

ユベール・ド・ジバンシィ

「パリの恋人」1956年

 
オードリー・ヘップバーン主演、スタンリー・ドーネン監督の作品です。ドレスが美しい。
 

「ティファニーで朝食を」1961年

オードリー・ヘップバーン主演、ブレイク・エドワーズ監督の作品です。
 

「おしゃれ泥棒」1966年

オードリー・ヘップバーン主演、ウィリアム・ウィラー監督の作品です。

 

イブ・サンローラン

「昼顔」 1967年

カトリーヌ・ドヌーブ主演、ルイス・ブニュエル監督の作品です。

 

「ハンガー」1983年

デヴィッド・ボウイが出演していた作品です。

 

ラルフ・ローレン

「アニー・ホール」1977年

 ウディ・アレンの衣装がかわいいです。

 

「華麗なるギャツビー」1974年

ジャック・クレイン監督作品です。

 

ミウッチャ・プラダ

「華麗なるギャツビー」1974年

こちらはリメイク版です。ミウッチャ・プラダが衣装をデザインしました。

 

 

ジョルジオ・アルマーニ

「アメリカン・ジゴロ」1980年

リチャード・ギアの衣装を担当しました。

 

「アンタッチャブル」1987年

ケヴィン・コスナーに衣装を提供しました。

 

ジャンポール・ゴルチエ

「フィフス・エレメント」1997年

リュック・ベッソン監督作品です。

 

山本耀司

「BROTHER」2000年

北野武監督作品です。ヨウジヤマモトらしいスーツがアウトローな雰囲気にぴったしです。

 

「ドールズ」2002年

こちらも北野武監督作品です。

浄瑠璃を意識した服が印象的。

 

アニエスベー

「エコール」2004年

ロリータ的な雰囲気が出ている作品です。

 

トム・フォード

「シングルマン」2010年

衣装、監督共にトム・フォードが担当。

 

ラフ・シモンズ

「胸騒ぎのシチリア」 2016年

ラフシモンズがドレスをデザインしました。

 

『胸騒ぎのシチリア』Diorが提供した衣装のデザイン画公開 ラフ・シモンズのコメントも
11月に公開される映画『胸騒ぎのシチリア』より、衣装提供をしたDiorのデザイン画とデザイナーのラフ・シモンズのコメントが公開された。(c)Dior(c)Dior 本作は、『ミラノ、愛に生きる』のルカ・グァダニーノ監督が手がけた人間ドラマ。トップスターのマリアン、マリアンの年下の恋人ポール、マリア…

まとめ

今回ご紹介したのは、つぎのデザイナーたちでした。

  • ココ・シャネル
  • クリスチャン・ディオール
  • ユベール・ド・ジバンシィ
  • イブ・サンローラン
  • ラルフ・ローレン
  • ミウッチャ・プラダ
  • ジョルジオ・アルマーニ
  • ジャンポール・ゴルチエ
  • 山本耀司
  • アニエスベー
  • トム・フォード
  • ラフ・シモンズ

お時間ございましたら、ぜひ見てみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました