いつでもアイデアを逃さない!測量野帳がマジでおすすめな件

NOTE

道を歩いている時やスーパーで買い物している途中にパッとアイデアが思いついたけど、メモができない。

こういうことってありませんか?

そんな悩みを解決するアイテムがあるんです。

それはコクヨが出している「測量野帳」です。

 

コクヨの測量野帳

野帳は、測量士のために1959年に発売されたミニノートです。

作業着のポケットにすっぽりと入るスリムでコンパクトなサイズと、 屋外で立ったまま筆記できる硬い表紙が大きな特長です。

その特長が評価され、建設業界の定番となり、 日本の高度成長期の建設現場を陰で支えてきました。

60年以上、現場のプロフェッショナルに支持されてきた野帳は、 測量・建設の枠を超えて、発掘・観察などのフィールドワークや、 社外のモバイルワーク、さらには、旅の記録、日常のメモなど 個人のライフシーンまで用途が拡大しています。

持ち歩きに適したコンパクトさ、屋外筆記に適した堅牢さ、 時代に左右されないアノニマスなデザイン。

そんな野帳が、仕事に趣味に、あなたのフィールドを広げます。

KOKUYO公式サイト』より引用

 

僕は測量野帳を愛用してまして。

いつもスラックスやジーパンのポケットに入れて持ち歩いています。

 

 

測量野帳のデザイン

金の箔押しで「SKETCH BOOK」の文字。

 

測量野帳はきっちりと製本されているので、かなり頑丈です。

 

測量野帳の中の紙

中の紙はこんな感じです。

いたってシンプル。

 

3mm×3mmの方眼

3mm×3mmの方眼。

線の色味はうすいブルーです。

絶妙な存在感で、イラストや文字を書く時にちょうどいい!

 

立ちながらでも書けるのが、測量野帳の魅力

測量野帳を実際に使ってみて、気に入っているところは、立ったままでも書きやすいところです。

製本がしっかりとしてるので、ちょうどいい硬さがあって、書きやすいんです。

 

こんな風に360°で開くことができます。

 

測量野帳と一緒に使うペン

測量野帳と一緒に使うペンは、ZEBRAの「SL-F1mini」です。

かなりコンパクトなペンなので、ポケットに入れても邪魔にならない。

 

 

まとめ

測量野帳はかなりおすすめです!

測量野帳は本屋や文房具屋さんで、ふつうに売っています。

ぜひ手に取ってみてください。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました