ファッションデザイナーの私服が地味な理由を真剣に考えてみた

「ファッションショーのさいごに登場するファッションデザイナーの服装って意外と地味じゃね?」

こんな風に思ったことはないでしょうか?

僕は思ったことがあります。

今回の記事では、「ファッションデザイナーの服装が地味な理由」を真剣に考えてみました。

 

結論:ファッションデザイナーは職人的な要素が強いから

ファッションデザイナーって華やかそうな仕事に見えて、すごく地味な作業の多い仕事。

「職人」をイメージしてもらうとわかりやすいかもしれません。

ファッションデザイナーというかっこいい横文字で考えるから、わかりにくくなるんです。

ファッションデザイナー=友禅作家

と、考えたらしっくりときます。

 

彼らは「着るための服の道」ではなく、「作るための服の道」を極めているんです。

 

そういったデザイナーは、特にレディースの服をデザインするメンズデザイナーに多いです。

 

後単純に忙しすぎて自分の着る服になんて、気が回らないそんな人もいるかもしれません。

 

ではそんなファッションデザイナーが愛するブランドとはどんなブランドがあるのでしょうか?

 

ファッションデザイナーに愛されるファッションブランド

ファッションデザイナーに愛されているブランドは次のとおり

  • コムデギャルソン
  • マルタン・マルジェラ
  • アンダーカバー
  • セントジェームス
  • リーバイス
  • ユニクロ

アレキサンダー・マックイーン氏は、インタビューで「ギャルソンやマルジェラ」を愛用していると公言していますし。

アンリアレイジ の森永氏のクローゼットには、アンダーカバーの服がたくさんあるそう。

セントジェームスやリーバイスといった定番ブランドも人気です。

 

また意外ですが、ロエベのデザイナーも務めるJ・W・アンダーソン氏はユニクロを愛用していることで有名です。

 

まとめ

今回の記事では「ファッションデザイナーの私服が地味な理由」について真剣に考えてみました。

彼らの服装は一見地味でめちゃくちゃシンプルなんですけど、よーくみると色合いや素材の風合いなど、めちゃくちゃ計算されています。

皆さんも一度チェックしてみてください。

以上で記事は終わります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました